ダンス初心者が絶対にやるべき基礎トレーニングを紹介!

ダンス初心者

ダンス初心者の人は、練習しようにも何から始めたらいいか分からないという人も多いと思います。

ダンスを始めたばかりの人は、「うまく体を動かせない」という人も多いと思います。せっかくダンスをするなら、ダンススクールの先生やYouTubeで見ているようなダンサーみたいに体をなめらかに動かしたいですよね。

そこでこの記事では、ダンス初心者の方向けに、おすすめの基礎練習を紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

ダンス初心者がやるべき基礎トレーニング!

全てのダンスジャンルに共通する基礎トレーニングを紹介しています。お家で一人でも練習できるものを紹介しているため、ぜひ試してみてください。

ストレッチで体をほぐす

ダンスだけでなく運動全般に言えることですが、ストレッチはとても重要な基礎です。ダンスは激しい動きや足をよく使うため、怪我や捻挫がすることが多くあります。

怪我の防止のためにも動く前には、必ずストレッチで身体をほぐしておきましょう。また、ストレッチをすることで、身体の柔軟性を上げたり、可動域を広げることができます。

ストレッチはダンスをする前だけでなく、お風呂上がりや寝る前、朝起きた時などに行うのも効果的です。日常的にストレッチを行うことで、ダンスをする際に体が軽く感じます。また、足痩せなどの効果もあるためダイエット目的の方にもおすすめです。

アイソレーション

アイソレーションとは、「首」「肩」「胸」「腰」「足」「手」など身体の各部分を一部だけ動かす練習です。アイソレと略されることが多く、ダンスを踊る前に身体をほぐす役割を持っています。

ダンス初心者の方は、身体の一部分を動かすのが最初のうちは難しいでしょう。アイソレは地味な動きなので、サボってしまう人もいるかもしれませんが、ダンスのフリの幅が広がるため、必ず練習した方がいいです。

アイソレはお風呂上がりなど、身体が温まっている状態の時にやると、いつもよりも動かしやすいのでおすすめですよ。

リズムトレーニング

ダンスをやる上でリズムトレーニングは外せません。リズムトレーニングは、好きな音楽を聴きながらリズムを刻むだけでも練習になります。

リズムを取るのが苦手という人は、メトロノームで練習するのもおすすめです。

体幹&筋力トレーニング

ダンス初心者の筋力トレーニングは、主に体幹を鍛えることがメインになります。体幹とはインナーマッスルとも呼ばれ、体を支える胴体部分を指し、簡単に言うとお腹の筋肉です。

体幹はスポーツなど体を動かす時に、バランスを取る働きをしてくれます。体幹を鍛えることで、ダンスの振りで不安定な体勢になっても、フラフラしなくなり、大きく綺麗に踊れるようになるのです。

【必須】全身を確認できる鏡

アイソレーションやリズムトレーニングを鏡を見ずに練習をすると、正しい動きができているのか確認できないため、全身鏡は最低限用意しましょう。

アイソレーションやリズムトレーニングは、自分の動きを確認しながら練習することで、変な癖が付きにくくなります。鏡を見ずに頭の中のイメージだけで練習してしまうと、変な癖が付いてしまう可能性が高いです。

姿見 鏡 おおきい 壁掛け 立 幅 65 高さ 160 全身鏡 姿見 等身大 カガミ 壁掛 立て 大きい ビック 広幅 ジャンボ 特大 ウォールミラー 立て 掛け ミラー シンプル 可愛い オシャレ かがみ おおきい 鏡 洋服 着物 着付け 試着室 店 舗 什器 鏡 ミラー 姿見

価格:10,500円
(2021/3/29 22:26時点)

まとめ:基礎練習は継続が大事

ダンスをやる上で大事な基礎トレーニングを紹介してきましたが、いかがでしたか。基礎をしっかり体に身につけることで、ダンスの上達につながります。

基礎がしっかりできていれば、ダンスをさらに楽しむことができるので、自分のペースで練習してみてくださいね。


タイトルとURLをコピーしました